スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表会のお知らせ



Akemi Piano Atorie 2014発表会

    とき:2014/7/6 日曜日

   ばしょ:流山生涯学習センター 多目的ホール

   じかん: 14時開演予定

   独奏の他にみんなで連弾演奏「ヘンゼルとグレーテル」

   どうぞ、皆様お誘いあわせの上、ご来場ください

   心よりお待ちしております      渡辺朱美



ヘンゼルとグレーテル
スポンサーサイト

モーツァルトと難聴

先日、レッスンに来た生徒さんから



こんな耳より情報を教えて頂きました



生徒さんといっても古希を数年前に過ぎた人生の大先輩です



「先生、先日テレビで井上順さんのトークを見たんですが

モーツァルトの音楽が難聴に効果があるそうなんです

だからモーツァルトの曲をもっと弾きたいんです」



この方はメニエールという耳の病気を患ってから片方の耳の聞こえが悪くなったそうです



私は即座にレッスンでモーツァルトを弾けば一石二鳥だと思いました









詳しく話しますと・・・



井上順さんは耳が悪くなってから(詳しい病名は?)



モーツァルトのCDをいつも聞いていて良くなったらしいんです



それをテレビのトーク番組で話されていたとか



そんないい事なら是非やってみない手はないと



私なりにネットなどで色々調べましたら、難聴に効果のあるモーツァルトの音楽と



沢山の情報が載っていました



















要約します



モーツァルトの音楽の特性はは自律神経のバランスを整え



耳の内耳にあるリンパの緊張をやわらげる結果、耳の環境が整えられる



モーツァルトの音楽を聴く事によって心身をリラックスに導く副交感神経に



スイッチが入るため、交感神経の過剰な働きにブレーキがかかる



和音が豊富なモーツァルトの音楽には、およそ4000ヘルツ以上の



高周波音が、風のそそぎや川のせせらぎのような揺らぎ音とともに



バランス良く組み込まれている



このような音の特性は心の不安を取り除き心身をリラックスに導く



副交感神経に作用するため、心身の疲労やストレスを解消してくれる



また血圧や心拍も安定されるので血液やリンパの流れも円滑になり



内耳周辺の血行も回復して耳の障害が改善される







また耳の病気だけでなく



肌荒れ、便秘、冷え性、風邪をひきやすい、血圧が高い、寝つきが悪い、目が乾燥しやすいetc







などなど・・・色々な効果が得られるようです



モーツァルトの音楽って素晴らしい~♪









テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Atorie日誌 §ⅢⅩⅢ§


onnpu.jpg






羞恥心

            

先日、レッスンでこんな話が出ました

練習をしてこないのが~恥ずかしくない?

そんなご時世になりつつあります

先週5週目のお休みがあり2週間ぶりにレッスンに来たAちゃん

Aちゃん、こないだの日曜日に練習しようと思ったら具合悪くなって~

そのあと、学校のなんたらがあって~

そしてこないだはディズニーシーに行ったでしょ~

そしたら今日になって~ぜーんぜんする暇なかった~っと

・・・・ピアノの前に座ったと思ったら

まずは言い訳から始まりました

こう来たか!っと~私も突っ込んで話をしてみました

具合が悪くなって大変だったね~風邪?学校休んでたの?

うぅん~!ちょっと頭が痛くなったけど熱もあんまし出なかったし

次の日は学校に行った~

具合が悪かったのはしょうがないけど

2週間あったんだから、少しは練習しないとね

ご飯食べるのは忘れないでしょ?

うんうん!それは絶対に忘れない!

そうでしょ~、身体の中の胃がちゃんと覚えてて

脳に命令してるんだよね~

毎日欠かさずしている事はちゃんと身体が覚えていくけど

毎日しない事はどんどん忘れていっちゃうよ

ピアノも頭ではわかっていても手が忘れちゃうよ

 ~なんて、そんな話をしてみた

そこで、学校ではどうなのかと、ふと聞いてみた

学校の宿題だって毎日していくでしょ?

ううん、宿題よく忘れていくよ!

  ・・・・・・・えっ・・・・・・・??

そうなの?!でもそれはやってないと焦るでしょう~

ぜーーーんぜん!!だって~やってない子多いし~

先生だって怒らないもん!     

・・・・・とあっけらかん!

 これには参った!

でも少しは、あ~ちゃんとやれば良かったって思うでしょ?

   うーーーーーん、

まぁちょっとは~ないことはないかな~

            

           

 そんな会話でした

あまりの羞恥心のなさに、どこから修正して良いのか

わからなくなりました

何がどう悪いのかという前に

基本の生活がずれてしまっているような

ちょっと・・・これからの子供達の行く末

これからの日本の行く末

かなり心配になった一件でした。。。

2010年発表会 §4§

500146_s.jpg


    発表会記事の続きです


 今回の発表会も急な事情で欠場となった方が2名いました。

 去年の災難は、猛威を奮った新型インフルエンザ

 見えない敵は恐ろし~教室内でも発病者が続出欠場者も出ました。

 今年は大丈夫だろうと思ったら・・・またしても・・・

 毎回トラブルは付き物ですね。。。

 しかし、出られなかったとしても

 発表会の為に頑張ってきた事は

 しっかり身に付いていますし、
 
 積み上げてきた努力は消えません。

 人間の記憶というものは、時間と共に薄れていきますが、

 身体はしっかりそれを憶え

 学習したことをわすれないんだそうです。

 ピアノ、また他の芸術もそうですが、

 音楽に関しては形のない留まらない芸術です。

 発表会やコンサートなどで披露するために、

 日々努力し練習を重ねます。

 それは、その本番のたった一回のため

 たった一回の演奏のためにする練習は、

 蓄積がものいうのではなく集中力だと教わりました。

 練習は、受験勉強のように暗記などの蓄積ではない。

 また蓄積だとおもっては駄目だと言う事です。

 もちろん、技術を磨くための練習は必要です。

 しかし本番にかけるのは集中力が第一!

 本番のたった一回にかける姿勢~集中力~を

 今まで私なりに生徒たちに伝授してきました。

 今回、その事が皆にだいぶ浸透してきた。。。

 それが一番嬉しかった事でした

 もちろん、間違ったりミスタッチは当然ありますが、

 ほとんどの人が見事に音楽の流れを止めずに

 それを上手にカバーできるようになった!

 その集中力に感動し、大満足でした。

 そしてそれはきっと、生きていく上でも、

 何らかの形で役に立ってくれると信じています!



    
   

2010年発表会 §3§

500147_s.jpg


   発表会の記事の続きで~す


 前の記事でお話しましたが、今年も独奏&連弾という

 一人2曲の出演にしました。

 そして連弾は去年に引き続き2台を使用

 2台の連弾は、断然迫力あります。

 おチビちゃん達のキラキラ星と大人の方以外は、

 皆さんお馴染みの“バイエル”をそのまま使った

 連弾曲にしました。

 “バイエルであそぼう”というタイトルの楽譜に

 たまたま出会ったことがきっかけでした。

 全曲、第一ピアノが普通のバイエル曲  

 第二ピアノは三枝成章さん作曲の曲

 確かにバイエルの曲なんですが、

 まったく違った現代風の曲に変身しています。

 そして、1曲づつ題名も付き曲の

 イメージを持ちやすくなっています。

 バイエルは○番、○番と、番号だけなのが、

 ちょっと素っ気ないですよね~

 パートの片方はバイエルなので、

 弾くのにあまり苦労はいりません。

 合わせると言う事が難しい連弾曲、

 いい勉強にもなると思いました。

 今回参加者の中で、姉妹、兄弟、親子という組み合わせが

 バランスよく出来ました

 昔習っていたお姉ちゃん、

 昔弾いた事のあるあ母さん~そんな方々を誘い

 実際、子ども側からすれば身内同士というのは嫌な人が多い
  
 ブーイングの声もありますが、親側の意見の代表として~

 うまーく話を持っていき

 ずーっとピアノを続けていくのは並大抵のことではないので、

 今、出来る時にやってみるのは将来きっといい想い出に

 喧嘩しながらも、ハラハラしながらも、

  一つの物に取り組むのも~

  たまにはいいじゃ~ございませんか~

 そんなこんなで~今年のバイエルさんの連弾曲は

 良かったと思います

 お聴かせ出来ないのが残念です。。。

    
    ではでは     

  発表会記事まだまだ続きます~
プロフィール

akemiharmony

Author:akemiharmony
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。